CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
関西のしがない一賢者のQMAや現実を赤裸々に告白した魂のブログです。
<< 今日でやっと。 | main | 近畿QMA4最後の戦い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
キャノン大会タッグ戦の巻
7月29日 キャノン大会ダイジェスト

7月29日さる西大寺キャノンショットで店内大会が行われました。
その内容のダイジェストを

【ルール】
〆2鵑脇鷽1組になり、二人の合計点で競うタッグ戦方式です。二人の合計が他の二人の合計を上回った場合に次の試合に進出出来る。
▲織奪案發任瞭碓譴離献礇鵐襦Ψ措阿了藩僂篭愡漾
例えばAとBがタッグを組んで、対戦に望む場合。
(悪い例)
A…雑学四文字、B…雑学○×はダメ。(ジャンルが被るから。)
A…学問四択、B…スポ四択もダメ(形式が被るから。)
(良い例)
A…学問R2、B…アニ○×はOK(ジャンル・形式共に被らない)
このジャンル・形式の使用制限は1試合のみに適用され、次の試合には適用されない。
だ塀腓呂泙1〜4の数字を書いたカードを引いて貰い1のカードを引いた者がホスト。その時点でこの時点でタッグを組んでいるものはカードの番号に関係なく3番席となる。

※今回のジャンル・形式の使用制限は宝石賢者同士がペアになった場合は、1回戦で使用したジャンル・形式は、次の試合では使用できないと言う別のルールがありましたが、今回の参加人数が宝石賢者24名、宝石未満の賢者24名と同じ為、宝石賢者同士のタッグがなくなりました。よって今回このルールは適用されません。

【ダイジェストの表示】
.瀬ぅ献Д好箸鮟颪に当って、問題順は上のCNから 銑い箸いΨ舛砲覆辰討ります。
CNを書くに当っては、敬称略にしております。あらかじめ御了承下さい。
ど充┐郎犬ら、CN、階級、選択問題、総合点となっており、☆が付いた人が勝ち抜けとなっています。
ゥ献礇鵐襪判仟蠏措阿肋蔑しております。表示は(ジャンル・形式)となっており、主な表示はこちら。
ジャンル:学…学問 雑・・・雑学 芸・・・芸能 スポ・・・スポーツ アニ・・・アニメ・ゲーム
ノン・・・ノンジャンル
形式:○×・・・○×クイズ 四択・・・四択クイズ 連…連想クイズ 並…並べ替えクイズ 四文字・・・四文字クイズ タイ…タイピング エフェ…エフェクトクイズ キュ・・・キューブクイズ 線・・・線結びクイズ 多・・・一問多答クイズ 順・・・順番当てクイズ R1〜4…ランダムクイズ1〜4
今回はペアで戦うタッグ戦なのでペアで判るように各試合○と※で分けております。
尚各試合毎にペアの合計点を表示しております。

タッグ戦の組み合わせ方法はくじ引き。宝石賢者は1〜24まで番号の振ったくじを引いて貰う。まずは実力が均等に配置なるように、賢王がんでん氏に魔法石をこちらで300万追加して、最初に引いて貰う。その後、魔法石の獲得数に応じて宝石賢者が引いていき、その後は宝石未満の賢者が魔法石の獲得数が多い順にに1〜24のくじを引く。番号の一緒の物が今回のペアになる。くじの結果今回のペアは以下の通りになった。

1.カトレア(天青賢者) もち(青銅賢者10段)
2.アルラウネ(翡翠賢者) グリフィス(黄金賢者4段)
3.ゆーりん(紅玉賢者) APPLE(黄金賢者3段)
4.がんでん(紅玉賢者、賢王) トライキス(青銅賢者10段)
5.なぎさたん(天青賢者) Z(白金賢者10段)
6.ユーディ(紅玉賢者) くしろまい2(大賢者9段)
7.アッシュ(紫宝賢者) グッチUZO(黄金賢者3段)
8.きみたま(金剛賢者) ひおてぃー(黄金賢者3段)
9.あにはユキエ(紅玉賢者) あかさかさき(白銀賢者2段)
10.005(天青賢者) しはす(大賢者6段)
11.レイジ(天青賢者) はるな(白銀賢者6段)
12.アカボシ(翡翠賢者) うれしのD(賢者10段)
13.アルカナラ ちゅるやさん(白銀賢者8段)
14.DNP(紅玉賢者) ナルキッソス(青銅賢者初段)
15.ナイトメア(黄玉賢者) ゲキツイヘリ(白金賢者5段)
16.マットソン(紫宝賢者) CPO(大賢者3段)
17.あかずきん(天青賢者) ゆき(大賢者9段)
18.エステル-F(天青賢者) エレバラル(大賢者9段)
19.げじゅまん(紅玉賢者) JRかもつ(黄金賢者初段)
20.はすたあ(翡翠賢者) ギガ(黄金賢者4段)
21.めいQ(紅玉賢者) CHIRI(黄金賢者4段)
22.ヤッティー(紫宝賢者) EAGLE(賢者10段)
23.HのときはS(天青賢者) ゆーりる(大賢者6段)
24.ドネルケバブ(天青賢者) りょうすい(白金賢者10段)

1回戦
第一試合
※アルラウネ(翡翠賢者)    芸四文字  262.44
○ゆき(大賢者9段)      学R3   129.41
※グリフィス(黄金賢者4段)  アニR4  238.72
○あかずきん(天青賢者)    雑R2   218.96
合計点○…348.37<※…501.16

QMA4になって以来、おそらく日本で始めて開始されるであろう、タッグ戦が有名校キャノンで開催された。その先陣を切ったのはアルラウネの芸四文字。此処で早速アルラウネが全問正解。それとは対照的にゆきは全問不正解といきなり王手をかけられる。ゆきの学R3では思ったよりグリフィス達に巻き返す事は出来ず、遅れは取り戻せない。アニR4ではアルラウネとグリフィスは好調でそれぞれ1問不正解ともはや彼らの勝利は磐石な物に。最後の雑R2はあかずきん、ゆきはそれぞれ半分ずつ正解できず。アルラウネ・グリフィスが2回戦へ。


第二試合
○がんでん(紅玉賢者、賢王)  学R1   238.21
※エステル-F(天青賢者)    アニタイ  268.85☆
○トライキス(青銅賢者10段) 雑タイ   269.99
※エレバラル(大賢者9段)  芸四文字  248.98☆
合計点○…538.84>※…517.83

第二試合で思わぬ目玉の試合がやって来た。賢王がんでん、その試合は如何に…。
がんでんは学R1で攻撃を仕掛けてきた。しかし当の賢王自身は1問落としてしまい。代わりに敵であるエステル-Fが正解すると言う皮肉な結果に。そしてエステル-Fのアニタイでは当然ここでも全問正解。逆にがんでんは四問も落とす崖っぷち状況に。しかし相棒トライキスの雑タイでトライキスが全問正解して穴を埋めるが、最後のエレバラルの芸四文字でエレバラルが全問正解を叩き出し逆転の芽を摘まれる。

第三試合
○くしろまい2(大賢者9段)   学並     207.79☆
※げじゅまん(紅玉賢者)     スポ多    263.54
○ユーディ(紅玉賢者)      アニ線    276.96☆
※JRかもつ(黄金賢者初段)    ノンR5   180.47
合計点○…484.75>※…444.01

くしろまい2の学並から開始したこの試合。1回戦ではユーディが全問正解。他の3人に1問だけ不正解となる。しかし2回戦は凶悪なスポ多が待っていた。ここでげじゅまんは全問正解を果たすが相棒のJRかもつが半分間違い、ユーディ・くしろまい2コンビは4問も不正解して、先行きが見えず。しかしスポ線で、くしろまいとユーディはミス半分以内に抑え、げじゅまんとJRかもつは半分以上不正解で苦境に立つ。最後は一か八かのノンR5。
ユーディがまさかの全問正解して他の3人は2問落とす。ゆーでぃ最後の奮闘で、集計は40点以上差をつけて勝利。

第四試合
○ギガ(黄金賢者4段)     スポR3  235.47
※きみたま(金剛賢者)     雑キュ   276.86
○はすたあ(翡翠賢者)     アニR2  273.01☆
※ひおてぃー(黄金賢者3段)  スポエフェ 231.35
合計点○…508.48>※…508.21

スポR3と言うQMAプレイヤーにとっての鬼門から第四試合スタート。その鬼門の言葉通り。ひおてぃーが2問しか正解できず敵にダメージを与える事には成功したが、当のギガも半分しか成功出来ず、まだ勝負は決まらない。きみたまの雑キュでは1問目から全員ミスするも、4問目のトルコアイスをひおてぃーがミスった以外は全員が正解する。
そしてアニR2では二人共それぞれ計8問正解。やはり勝負は最後まで分からない。最後のひおてぃーのスポエフェでははすたあが全問正解するも、パートナーのギガが3問正解。きみたま・ひおてぃーはそれぞれ5問正解と。結果は電卓で弾かれた。その差は0.24と言う神の悪戯とも言える差ではすたあ・ギガが2回戦へ。

第五試合
○めいQ(紅玉賢者)   学エフェ  209.37☆
※しはす(大賢者6段)  芸R1   184.58
○CHIRI(黄金賢者4段) 雑○×    272.38☆
※005(天青賢者)    アニ四文字  260.31
合計点○…481.75>※…444.89

めいQはまず初めに相棒CHIRIの十八番の学エフェを出してきた。CHIRIはその期待に応えるかのように全問正解100点満点を挙げる。しかしめいQは四問落としてしまう。
しかし、めいQは2、3回戦は持ち直しでCHIRIとの連携も効果を表し芸R1、雑○×ではそれぞれ10問正解して、しはす・005に付け入る隙を与えない。最後のアニ四文字005は5問正解するもしはすは四問不正解。CHIRI・めいQは此処でまさかの計二問正解しか正解できず。逆転もありかと思いきや結果は40点以上でCHIRI・めいQの勝利。最初の三戦で好調に正解数を重ねた結果が功を奏したと言えるだろう。

第六試合
○EAGLE(賢者10段)    芸R1  300.32☆
※うれしのD(賢者10段)  雑エフェ  266.31
○ヤッティー(紫宝賢者)   学タイ   305.51☆
※アカボシ(翡翠賢者)    芸タイ   335.36
合計点○…610.83>※…601.67

賢王の意外な敗退から、前回優勝者が期待されるこの試合。その結果は…。
最初にEAGLEは芸R1で攻めてきた。右からきたものを左で受け流すようにEAGLEとアカボシは余裕の全問正解。続いてうれしのDの雑エフェではEAGLEとうれしのDはそれぞれ4問正解。ヤッティーとアカボシは5問正解と両コンビ拮抗する。後半、学タイではヤッティーとアカボシが全問正解。EAGLEとうれしのDも5問正解。まだまだ均衡を保ちどちらに勝つか判らず最後の芸タイに運命が託される。アカボシが初問を除き5問正解。他の3人は4問正解。それぞれの問題でコンビが対等に戦った試合だった。本部の集計に結果が持ち越され、僅か4点差でヤッティー・EAGLEが2回戦進出。
余談だが、『アカボシさん有難う』と興奮して握手したEAGLE。それは『勝たしてくれて有難う』という感謝の気持ちなのか。『負けてくれて有難う』という皮肉を込めた握手なのかその気持ちは誰も知らない。

第七試合
○ナルキッソス(青銅賢者初段)  アニ多   128.55☆
※ゆーりる(大賢者6段)     雑タイ   171.16
○DNP(紅玉賢者)        スポR2  315.82☆
※HのときはS(天青賢者)    学四択   186.76
合計点○…444.37>※…357.92

あかさきさきと同じくもう一つのアニ多使い。ナルキッソスは早速アニ多で敵の戦力を殺いでおこうとするが、当の本人、ゆーりるが1問しか正解できない立場になり自滅。続いてゆーりるの雑タイはゆーりるが全問正解して前回の失態を払拭。しかし相棒のHのときはSは四問落とし、ライバルDNPが何とか5問正解して、何とか食いつく。スポR2でDNPの紅玉パワー全開。全問正解してゆーりる・HのときはSに追いつく。最後の学四択でもその力は衰えず、ここでも全問正解。ナルキッソスが1問正解出来ず、結果が全く予想がつかなかったが、ほとんど100点差でDNP・ナルキッソスが2回戦進出。

第八試合
○りょうすい(白金賢者10段)   学エフェ  238.98☆
※マットソン(紫宝賢者)      スポR1  246.25
○ドネルケバブ(天青賢者)     スポタイ  242.57☆
※CPO(大賢者3段)        アニR4  193.48
合計点○…481.55>※…439.73

今回のルールではジャンル・形式は次の試合に反映されない。そのルールを知ってかそれぞれの得意の問題で展開された。まずりょうすいの学エフェ。りょうすいは全問正解と好調。しかし続くスポR1では2問不正解。CPOとマットソンは1問ずつ不正解。しかしドネルケバブが5問正解して何とかカバーする。スポタイではドネルケバブの本領発揮。3人は半分不正解するも、ドネルケバブは初問を落としただけの快進撃。CPOは最後のアニR4での逆転を計る。マットソンとCPOは計8問正解。りょうすい・ドネルケバブは計5問正解と先が見えない結果に。そして電卓を弾いた結果は自分の選んだジャンルで最大限の力を発揮できたりょうすい・ドネルケバブの勝利。

2回戦
第一試合
○グリフィス(黄金賢者4段)  学R5     205.06☆
※カトレア(天青賢者)     アニエフェ   175.73
○アルラウネ(翡翠賢者)    芸四文字    216.35☆
※もち(青銅賢者10段)    スポ四文字   229.65
合計点○…421.41>※…405.38

今回キャノンの大会で唯一の近畿圏外からの遠征者が来て、初のタッグ戦に挑むその結果は如何に…。
学R5からスタート。早速初問の連想から皆が外すも、もちが後の5問を全問正解してカトレアが半分落としたにも関らず。グリフィスとアルラウネもそれぞれ半分落とす絶望的状況が、このコンビに好調な後押しが付く。そしてアニエフェではカトレアが100点満点でもはや敵と思われたが、芸四文字でカトレアが四問落とすという思わぬ落とし穴が、もちがその分を四問正解で何とか差を埋めたが、最後はもちのスポ四文字でまたも、カトレア足をすくわれる。もち自身も半分正解と全力が発揮できず。グリフィス・アルラウネも半分ずつ落とし。集計に持ち込みになった。その結果はグリフィス・アルラウネが10点差で辛勝。

第二試合
○ゆーりん(紅玉賢者)     雑R2     239.45
※エステル-F(天青賢者)    アニタイ    194.05
○APPLE(黄金賢者3段)    スポR1   217.12
※エレバラル(大賢者9段)   芸四文字    231.32
合計点○…456.57>※…425.37

ゆーりんの雑R2からスタート。この回でエレバラルは1問しか正解できず。先行から壊滅的ダメージを受ける。しかし、次のエステル-Fのアニタイで助け舟。エステル-Fは当然の如く全問正解。エレバラルの5問正解と雑R2の穴埋めをしていく。しかしスポR1ではゆーりん・APPLEとの連携が爆発。APPLEが全問正解。ゆーりんも5問正解し再びエレバラル・エステル-Fを突き放す。最後の芸四文字ゆーりんとAPPLEはこれで計5問の正解
出来ず。しかしエレバラルで4問正解したが、エステル-Fが1問しか正解出来ず。コンビではタイ。集計ではゆーりんとAPPLEが三回戦へ。前半戦で有利に運んだ二人に軍配が上がる。

第三試合
○Z(白金賢者10段)      アニR4  210.13
※ユーディ(紅玉賢者)     スポR4  285.51☆
○なぎさたん(天青賢者)    学R1   233.13
※くしろまい2(大賢者9段)  学並    224.02☆
合計点○…443.26<※…509.53

関西の青の熟練職人とホープが手を組み、関西のユリ組がこの試合の火花を散らす。
先頭はZのアニR4この問題になぎさたんとZが計三問見落とすが、くしろまい2が二問落としたのにも関らず、ユーディが全問正解。続いて今度は赤のR4。スポR4でもその勢いは収まらず、1問落とした以外は正解。他の3人は半分以上不正解の連発。しかし相棒のくしろまい2も負けていない。なぎさたんの学R1を逆手に取り全問正解を成し遂げる。
残るは学並何とか逆転を狙いたいZ・なぎさたん軍だが、余りの難問続出で全員半分以上ミス。集計を待つ結果もなく青連合軍1回戦で敗退。

第四試合
○ギガ(黄金賢者4段)     アニ多   260.17☆
※アッシュ(紫宝賢者)     学タイ   232.03
○はすたあ(翡翠賢者)     芸並    282.51☆
※グッチUZO(黄金賢者3段)  スポR2  246.17
合計点○…542.68>※…478.20

2回戦になってギガお得意のアニ多が登場。その破壊力はヤハリ凄まじく、アッシュは4問、グッチUZOは3問落としてしまう。しかしギガはそんな敵の苦戦振りをお構いなしに全問正解。はすたあも4問正解とギガのアニ多リードについていく。しかしアッシュ側も黙っていない。学タイで巻き返し、アッシュは全問正解するも、相棒グッチUZOがついて来れず2問しか正解できない。そして芸並ははすたあが全問正解。他の3人も此処では何とか食らい付く。最後のスポR2では選者グッチUZOが全問正解を果たす。それぞれが出したジャンルで自分の力を最高に出し合った試合だが、結果を集計を待つまでもなく1位2位をはすたあ・ギガが独占して三回戦進出。

第五試合
※あにはユキエ(紅玉賢者)   スポR1  290.46☆
○CHIRI(黄金賢者4段)    学エフェ  224.65
※あかさかさき(白銀賢者2段) アニR4   288.66☆
○めいQ(紅玉賢者)      雑○×   290.46
合計点○…515.11<※…579.12

あにはユキエは相も変わらずスポR1の直球勝負で挑んでくる。そして、CHIRIが思わぬ三振。二問しか正解出来ず、他の3人は全問正解の壊滅的状況に。しかしCHIRIも学エフェの直球勝負。CHIRI自身がまたもや全問正解。次のあかさかさきがアニ多のまたもや三度目の直球勝負。あささきさきがここで全問正解。唯一変化球を投げためいQは雑○×で締めくくる。これにあにはユキエ・あかさきさきは苦戦。半分しか正解できず。めいQは全問正解。しかし相棒のCHIRIも思わず半分しか正解できず。集計はあかさきさき・あにはユキエに軍配が上がる。

第六試合
○ヤッティー(紫宝賢者)  学タイ  296.30
※はるな(白銀賢者6段)  学R3  285.23☆
○EAGLE(賢者10段)   芸R1  212.74
※レイジ(天青賢者)    雑キュ  323.77☆
合計点○…509.04<※…609.00

一回戦で優勝候補を破った思わぬサプライズを作ったヤッティー・EAGLE組。果たしてこの回でもその奇跡を起こすのか。前回の同じヤッティーは学タイからスタート。ヤッティーはこの回で全問正解を叩きだすも相棒EAGLEは3問しか正解出来ず。しかしレイジもこの問題で5問正解したのでまだ予断は許さない。そしてはるなの学R3でははるなも5問正解と奮闘、コンビの相性の良さを見せ付ける。芸R1ではヤッティー・EAGLEが計10問を正解。こちらも連携ぶりを見せる。そして最後の雑キュ、このレイジ、はるなの連携ぶりの真骨頂。二人で12問正解つまり二人とも全問正解を成し遂げる。一方EAGLEは3問、ヤッティーは5問正解。結果は100点以上も差をつけて圧勝。お互いの苦手部分を補完しあうだけでなく。問題への柔軟な対応を見せた見せた試合だった。

第七試合
○DNP(紅玉賢者)         スポR2   246.48☆
※アルカナラ(紫宝賢者)      学連     228.04
○ナルキッソス(青銅賢者初段)   アニ多    203.25☆
※ちゅるやさん(白銀賢者8段)   アニR3   135.07
合計点○…449.73>※…363.11

ホストDNPは定番のスポR2を投下。やはりこのジャンルでは無敗をまた記録。相棒のナルキッソスも4問正解してDNPのリードに付いていく。しかしアルカナラ・ちゅるやさんも二人で8問正解してまだ勝負を捨てていない。次の学連でアルラウネは全問正解を果たしDNP組のリードを抑える。ナルキッソスのアニ多はナルキッソスが健闘。5問正解するがアルラウネも5問正解してまだ試合の様相は読めない。最後に動いたのはアニR3だった。
ここでDNPは全問正解を果たす。ナルキッソスも4問正解。アルラウネとちゅるやさんで12問中6問と半分しか正解できず。ナルキッソス・DNPチームは三回戦への階段を上がる。

第八試合
○ゲキツイヘリ(白金賢者5段)  芸R5   255.57☆
※りょうすい(白金賢者10段)  学四文字  283.52
○ナイトメア(黄玉賢者)     アニタイ  247.72☆
※ドネルケバブ(紅玉賢者)    スポ並   193.37
合計点○…503.29>※…476.89

ゲキツイヘリの芸R5からスタートしたこの試合。なんの芸能が出るか判らないこの試合には皆さん、5問目を落としただけでほぼ横並び。そしてりょうすいの学四文字でもどちらのコンビも計6問のミス。ナイトメアのアニタイではゲキツイヘリ、ナイトメアが苦戦しながらも計7問正解するが、りょうすい・ドネルケバブは8問落として、計4問しか正解を挙げられず。崖っぷちの二人はスポ並で反撃に出るも、正解数はほぼタイ。結果は二人で500点台のゲキツイヘリとナイトメアが三回戦進出。


3回戦
第一試合
○ゆーりん(紅玉賢者)      雑R2   272.14
※グリフィス(黄金賢者4段)   アニR4  240.20
○APPLE(黄金賢者3段)     スポR1  247.11
※アルラウネ(翡翠賢者)     芸四文字  322.11
合計点○…484.75>※…444.01

ゆーりんの雑R2から三回戦の幕が上がる、この問題では特に変化はなくコンビ共に9問正解とほぼタイ。その次のアニR4ではグリフィス・アルラウネは二人合わせて10問正解し、8問正解のゆーりんとAPPLEを少し上回る。スポR1ではゆーりんの赤の力が爆発。全問正解して敵との差を縮めていく。そして芸四文字、途中『おふくろさん』でお馴染みのあの作詞家が出てきて、一同ニヤニヤするも、APPLEとアルラウネが全問正解する。判定は計算によってはじき出されグリフィス・アルラウネが484.75と準決勝戦進出。

第二試合
※ギガ(黄金賢者4段)      アニ多   263.13☆
○くしろまい2(大賢者9段)   学エフェ  159.04
※はすたあ(翡翠賢者)      芸並    280.87☆
○ユーディ(紅玉賢者)      スポR4  276.56
合計点○…435.60<※…544.00

ギガの十八番のアニ多からのスタート。この多答は手を染めていない人は多いようで、くしろまい2・ユーディは半分ずつしか正解出来ず。初戦から差をつけられる。くしろまい2の学エフェでもギガが全問正解し、その差を埋めることは中々出来ない。そして芸並。はすたあが全問正解。ユーディが最後のスポR4で一縷の望みをかける。ユーディが5問正解して他の3人より有利だったものの、相棒くしろまい5問不正解。100点以上差をつけて決勝へ堂々進出。ペア戦はお互いの相性を踏まえて問題とジャンルを慎重に選らばないといけないと思わせる教訓に残る試合だった。

第三試合
※あにはユキエ(紅玉賢者)   スポR1 288.04☆
○レイジ(天青賢者)      雑キュ  294.04
※あかさかさき(白銀賢者2段) アニ多  214.69☆
○はるな(白銀賢者6段)   学R3  206.72
合計点○…500.76<※…502.73

あにはユキエは野球一筋である。この回でもスポR1を投げ続ける。そして全問をやり遂げる。しかし、はるなが1問落としながらも何とかチームとしてあにはユキエ・あかさきさき組に食らいつく。レイジは此処で雑キュを投げ全問正解。あかさきさき達は二人で5問ミスったもののはるな自身も半分しか正解できず中々逆転出来ない。もう一人のユリ使いあかさきさきはアニ多をされど投入。この回ではライバルはるなが全問不正解となり。レイジ・はるな連合はピンチに。そしてはるなの学R3はレイジが全問正解してはるなが5問正解。あかさきさきが2問しか正解できず。こんどはあにはユキエ・あかさきさき連邦が王手をかけられる。最後は集計の神の一声により2点差であにはユキエ・あかさきさきの首の皮一枚つながり決勝進出。

第四試合
○ナイトメア(黄玉賢者)    学エフェ   208.67☆
※ナルキッソス(青銅賢者初段) アニ多    178.63
○ゲキツイヘリ(白金賢者5段) 雑四択    277.04☆
※DNP(紅玉賢者)       スポR2   268.92
合計点○…485.71<※…447.55

例え、絶望的な状況でも仲間がいれば必ず道が開ける。そんなタッグ戦を示してくれたのがこの試合。学エフェからスタートした。この回では正解数はコンビで同じでは合ったが、
アニ多ではナイトメアが全問外す羽目に。ゲキツイヘリとDNPが3問落とすも。ナルキッソス自身は4問正解を叩きだす。しかし今度はゲキツイヘリの反撃。雑四択ではナルキッソスがことごとく外してしまう。ゲキツイヘリは全問正解し、アニ多での遅れを取り戻す。最後のスポR2。ナルキッソス、ゲキツイヘリ、DNPは全て1問不正解したが、ナイトメアはもう1問落としてしまった。その結果はゲキツイヘリ・ナイトメアの圧倒的勝利。赤と青の理想のコンビはここで解散となった。

準決勝
第一試合
○グリフィス(黄金賢者4段)   アニR4  203.75
※はすたあ(翡翠賢者)      雑並    281.65☆
○アルラウネ(翡翠賢者)     芸四文字  274.84
※ギガ(黄金賢者4段)      アニ多   205.84☆
合計点○…478.59<※…487.49

グリフィスはこの回も二回戦と同様アニR4で攻める。しかしグリフィス自身が半分も間違えてしまうも、コンビでもどちらも計8問正解しているのでまだ先は読めない。次の雑並で、はすたあとアルラウネが全問正解して、宝石未満の二人はそれぞれ1問とここでも均衡は保たれる。そして、アルラウネのワンピッチ芸四文字、宝石賢者はそれぞれ5問正解、宝石未満の賢者はギガが1問正解。グリフィスが2問正解するもその差は僅か。最後のアニ多で正解獲得数はグリフィス3問、はすたあ4問、アルラウネ4問、ギガ5問と正解数では読めない展開に。そして集計に持ち越され結果はわずか9点の差ではすたあ・ギガが決勝へ。

第二試合
○ゲキツイヘリ(白金賢者5段)  芸R5  257.42
※あかさかさき(白銀賢者2段)  アニ多  268.73☆
○ナイトメア(黄玉賢者)     学エフェ 252.61
※あにはユキエ(紅玉賢者)    スポR1 259.27☆
合計点…○…510.03<※…528.00

共に最強ユリコンビに最強の助っ人を連れた悪夢が挑む。ゲキツイヘリの芸R5であかさきさき・あにはユキエの牙城を崩そうと狙う。半分しかあささきさき・あにはユキエ答えられず。しかし相棒ナイトメアも半分、ゲキツイヘリも2問落とす。あかさきさきのアニ多ではあかさきさきコンビが計5問落としたが。それ以上にナイトメアコンビが7問ミス。あにはユキエ組の優位に。ナイトメアの学エフェでゲキツイヘリ組はミスを計2問に抑え、あにはユキエ組は計4問落とし、盛り返しを計る。最後のスポR1ではナイトメア、あにはユキエは全問正解。ゲキツイヘリ、あかさきさきは共に1問ミス。全く予想できず結果は集計に持ち込まれあかさかさき・あにはユキエが勝利。あにはユキエ組1問正解が多かった。1問の正解する事の重要さを思い知らされた試合だった。

三位決定戦
○アルラウネ(翡翠賢者)      芸四文字 257.71
※ゲキツイヘリ(白金賢者5段)   雑四択  332.57☆
○グリフィス(黄金賢者4段)    アニR4 243.72
※ナイトメア(黄玉賢者)      学エフェ 273.50☆
合計点…○…501.43<※…606.07

今回はペアでの試合だけに3位決定戦が持ち込まれた。しかし人間たるものよい良い物を手に入れたいと言う願望が常に付きまとう。例え三位でも…。

早速アルラウネの芸四文字から熾烈な争いが繰り広げられる。アウラウネ自身は全問正解。ゲキツイヘリも負けずに1問ミスで追いつこうとする。グリフィスとナイトメアは2問不正解とチームではほぼタイ。雑四択では今度はゲキツイヘリが全問正解で応酬。アルラウネとナイトメアがともに四問落とすも、グリフィスが1問ミスでまだ予断を許さない。
アニR4…此処では予想に反して当のグリフィスが半分ミス。ナイトメア・ゲキツイヘリ組が正解数を好調に重ねやや有利に。最後の学エフェ此処では、ナイトメア・ゲキツイヘリ組の真骨頂が発揮。共に全問正解を成し遂げ。グリフィス・アルラウネはこの回で計3問のミスを犯す。集計は言わずもがな、ナイトメア・ゲキツイヘリ組が100点以上も突き放して。銅メダル獲得。

決勝戦
○あにはユキエ(紅玉賢者)    スポR1  261.12
※ギガ(黄金賢者4段)      雑タイ   283.69☆
○あかさかさき(白銀賢者2段)  アニR4  274.46
※はすたあ(翡翠賢者)      芸並    283.33☆
合計点○…535.81<※…567.02

QMA4初になって初の総勢48名24組のタッグ戦。その第一回の栄冠に輝くのは誰なのか。何か高校野球風になってしまったが、これが一位を決める最後の試合である事は間違いない。
まずは、あにはユキエから最後まで変化球なし。スポR1で先陣を切る。あにはユキエとあかさかさきは二人で10問先取。此処でも二人の相性の良さを発揮。しかしギガ・はすたあも9問正解とまだ負けてはいない。ギガは変化球をつけて雑タイを応酬。あかさきさきコンビは7問ミスしてしまい初戦の勢いを殺ぐ。あかさきさきはアニR4を投入。あかさきさきは全問正解する。相棒あにはユキエも四問正解し再び突き放そうとするも、はすたあ・ギガは9問正解して。まだユリコンビを追いかける。最後は芸並。此処ではすたあが全問正解。ギガも5問正解して大健闘。あにはユキエ・あかさきさきは二人で8問正解。
そして、初のタッグ戦の結果はギガが1位、はすたあが2位。

よって今回の大会の結果は

優勝:はすたあ ギガ組
準優勝:あにはユキエ あかさかさき組
3位:ナイトメア ゲキツイヘリ組
4位:アルラウネ グリフィス組
そして今回のキャノンの店名は『ギガはスタアだ!キャノン校』となりましたとさ。

そして、今回参加したプレイヤーの皆様及び運営スタッフの皆様お疲れ様でした。
尚、今回キャノン大会のダイジェスト作成に当たり、運営スタッフの皆様のご協力により
完成する事が出来ました。改めてこの場を借りてお礼申し上げます。

キャノン大会スタッフ
司会進行:エレバラル
司会進行および集計:ユーディ
集計及びヘルプ:ナルキッソス
集計:EAGLE
ヘルプ:りょうすい



                     2007年8月11日:Aビーナス(ワスプスター)
| QMA店内大会ダイジェスト | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:40 | - | - |









http://babiyar.jugem.jp/trackback/10